風ニャン!


by hu-nyan-0412
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今では仲間とバーボンソーダ

私が恋愛出来ない理由、を毎週見ている。楽しいけど、なんだか冷める。
部分部分を切り取るとすごくあるあるなことばかりだから、ドラマ仕立てにまとめられると全くリアルじゃなくなる。
振りかえるなら早いほうがいい、彼の背中が見えるうちに素直になったほうがいい。だなんて。

BAKAかーーーー!!!

そんなことできるならもうとっくにやっとるわい!現実そんなあまくないから辛いんじゃ!
とかそんなことをドラマに向かって内心叫ぶ毎週月曜日。さみしいな。

彼にぐさりと言われ、自分を見つめなおした。わたしはこのままでいいんだろうか?いつまでこうしているんだろうか?と。
結局、バイトだけれど小さなデザイン会社にアルバイトが決まり、居酒屋のほうでもいろいろと作らせてもらってる。今は割と充実してるんじゃないかとも思う。必要とされるのはありがたいことなんだな、と。
もっともっと自分のために頑張りたい。そんな前向きになれてよかった。

でも、自分のためもあるけど、彼に近づきたいために頑張ろうと決めたのに、彼から遠ざかっているような気がする。彼はきっとわたしのために歌を書いた。それはちゃんと自分の道を見つけて進もうとしているわたしを送り出す歌なんだろう。まだ聞いてないけど、でもなんだかなぜだろう、すごくさみしい。これで終わる気がする。
不用意にわたしのところにはもう来ないし、連絡もよこさないしメールの返事もあまりしなくなるのかもしれない。
さみしい。

でも、そんなにいっぱいは手に入れられないよね。わたしの手はふたつしかない。もう一個ほしくなったらどっちかの手にあるものを捨てなければいけないんだから。彼はわたしを捨てて、わたしも彼を捨てなければいけないのかもしれない。
きっと大丈夫だろう。もう一人でも生きていけるだろう。わたしは強くなったから。

でもやっぱり彼の立つ世界をもっと見ていたかった。なんてね。
[PR]
by hu-nyan-0412 | 2011-11-15 14:19 | days