風ニャン!


by hu-nyan-0412
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

いっぱい、いろんなことが当たり前になっていく。
一人でいることも、友達といる時間が増えたことも、いろんな人と出会って、新しいことが始まっていくことも。

それは嬉しいことのはずなのに、どこかかなしいと思う自分もいる。
やっぱりわたしは宙ぶらりんのままなのかな。

でも忘れたりしない。大切なことには変わりない。
形が変わっていっても、核の部分はいつだってそこにある。
[PR]
by hu-nyan-0412 | 2011-12-27 23:51 | days
どの面においても宙ぶらりんな自分をなかなか認められないけど、少しすっきり
落ち着いてきた。
まだ答えは出ないけれど、初めの日に祈ることは決まった。

願いを託すのは神様でも星でもない、自分自身に。



踏み出した一歩を、大切にできますように。大切にできたら、また一歩進めますように。そうやって歩んでいく年になりますように。


今年は変化の年でした。
わたしを取り巻く環境が、そしてわたし自身が、ものすごいスピードで変わっていきました。
たまについていけなくなる日もあったけれど、支えてくれた人たちがいました。
その度に少しの気恥ずかしさと、たくさんのありがとうの気持ちがありました。

わたしは、幸せなんだと実感せざるを得ません。そしてそれは、わたしが作り上げてきたものです。意外とわたしはすごいんじゃないかなと。
そう思ったら、この先の不安も大丈夫な気がします。

強くなるには、笑わなければいけないと学びました。
わたしはまだまだ邁進し続けます。
[PR]
by hu-nyan-0412 | 2011-12-27 22:10 | days
いろんなことに疲れてしまった。今年もあとちょっと。早く休もう。

感情の摩擦ばっかりで、こころは眠たいよ。
とりあえずさらっと告白されてやっぱなーとか思って、わたしは全然その人に気持ちは向いてなくて、じゃあ誰?てなって、水野くんに気持ち伝えたら好きだけど付き合うとかは今は考えたくないって。
ん?これって別れるときと何も変わってなくない?
しかもしれっとひどいことも言われたよ(^o^)
わたしのせいで女の子が信用できなくなっただと?
悪いことしたのはわかってるけど、じゃあもう好きとか言って変な保険かけないで。じゃあ都合のいいときにだけ近づいてくる君もたいがい信用ならないよ。わかってるのかな。

でもわたしはもう彼が体中に染み付いてるから。彼の好みや感性が好きだから。彼と、彼の持つ世界をもっと見ていたいから。自分を育てるためにも。
水野くんじゃなきゃとは思わないけど、彼を越える人はそうそういない。


いつも
いつもいつも
思っているわけではないのに
いつも
私の内に ある

それが しこりのように
奥深くに 沈んでいて
日常の中で 突然
フラッシュバックのように
現れる

それを 私は一体
いつになったら それを
[PR]
by hu-nyan-0412 | 2011-12-22 03:40 | days

缶ビールと公園と店長と

バイト終わった後に、店長とコンビニでビール買って公園で喋ってた。
そういえば最近こうやって話してなかったなあ。
わたしは店長から離れなくちゃと何だか急に思ってて、距離を置こうとしていた。今までが近すぎて、こんなんじゃ店長いなくなったらまた金山のときと同じことを繰り返すんじゃないかと恐れてた。

そんで、今日はもうほんとダメダメな営業だったんだ。
ずっと泣き出したかった。
最後にグラスを割ったときに、関を切ったように涙が止まらなかった。

どの角度から見ても宙ぶらりんなわたしに、すごくイライラもやもやしていて、不安で、それを何にぶつけたらいいのか、わからなくて。
誰にも頼らず強く生きていかなきゃと思ってるのに、誰かに頼りたくなってしまう弱い自分がいて、やりたいこととできることは違うし、自分の本音と状況と言ってることがずれていて、会いたいときに会いたい人に会えなくて、すべてにおいて差を感じてしまう。
もうどうしようもなくて、そんなときに不安定な営業になっていって、頑張らなきゃって思うのに空回りしてしまう。迷惑しかかけられなくて、もう何もかもが回らなかった。

でも店長に逃げるな、と。泣いたら負けだと言われてしまった。
そこからは廃人になるまで泣き続けた。
周りはグラス割ってへこんで泣いてるんだと思ったんだろうな。
違うのだよだよ。


店長は強くてたくましい。わたしもああなりたいんだ。自分の足で道を切り開いていけるような。
結果を残さなきゃ周りは認めてくれない。社会は厳しくて、人は騙せない。

今日店長がわたしに話してくれたことは、きっと全部大切なことで、もしかしたらいつか忘れちゃうかもしれないけれど、店長と公園で凍えながらビールを飲んだことは忘れない。
そして思い出す度に、わたしは今の店長と出会えてよかったなあと、ふっと笑って思うんだろう。

せっかく一歩踏み出したんだから、絶対に戻らない。
ここから一歩一歩進まなければ。あの日のわたしがかわいそうだ。

もっともっともっともっと、我慢して。
もっともっともっともっと、頑張って。
もっともっともっともっと、輝かなければ。

もう大丈夫。
[PR]
by hu-nyan-0412 | 2011-12-20 06:28 | days
久しぶりの人とドライブに行ったよ。
我慢できないことが積み重なって、愚痴っていた。大変なんだなあと思った、でも少しかっこわるかった。でもすごく頑張ってるんだなあと思った。

わたしは、つらいときは黙って耐えるのが美徳だと思う。つらいときこそ笑うんだ。それでもダメなら耐え忍ぶ、つらいからって泣いて誰かにもたれかかってばかりいた昔。あのときはぐちゃぐちゃだった。何も生み出さなかった。もう、あんな風にはならないって決めたから。
かっこいいって、言われたい。お前ほんと頑張ってるよ、かっこいいよって、誰しもが認める人になりたい。

全部、水野くんの受け売りだ。でもほんとに心からそう思うんだ。
わたしは彼に認められたいんだ。同じ高さに立ちたいんだ、彼の見るものを見たいんだ、彼のようになりたいんだ。
どんどんわたしの中で彼が確立されてゆく。唯一無二になってゆく。
恋愛感情なんて、そんな甘いものだけじゃない。目標になりつつあるんだ。
彼のようにかっこよく、彼よりもしなやかに。

こんなんだから、わたしは彼から離れられない。自分で自分を縛ってる。
[PR]
by hu-nyan-0412 | 2011-12-16 02:57 | days

-

意地なのか、ほんとうの気持ちなのか未だ答えは出ないけど、わかるのはやっぱり彼じゃないとダメなんだなってこと。

彼のまじで嫌な部分も知ってる、その数だけいいところも、他の人にはないものも知ってる。
どーしよーもねーな。

わたしはわたしが超嫌いなところがあって、でもなかなか治らない。
これって相手を馬鹿にしてるってことなんだろう。
最初の一瞬だけ楽しかったけど、今では憂鬱な要素にしかならない。無駄なメールのやりとりもわたしは嫌いなんだよ。
少なくともわたしはあの人とどうこうなろうなんて思えない。受け付けられないものが多すぎる、そんなわけじゃない。
ただ、わたしの価値観や好き嫌いは長いこと水野くんの基準で構築されすぎたから。今さら違うものを受け入れられないんだ。

わたしはわがままなんかじゃない。
自分勝手なんだ。わがままなんて、そんなかわいい表現じゃ足りない。

泣きたくなる。思い通りにならないことが多すぎて。自分を見失いそうで。
もうあの頃みたいにぶれたくないんだ。あの感情はこわい。周りが見えなくなって、振り回していくだけ。後に残るのはぐちゃぐちゃになった自分とその周り。

せっかく固めた足場をまた自分で壊すわけにはいかないから。
わたしはかわしまくる。

わたしは自分のために、かっこよくならなくちゃいけないんだ。
かっこよくなって、強く笑っていかなければいけないんだ。
彼の目指す場所にわたしも辿り着いてみたいんだ。そこから見える景色を見てみたいんだ。


それあもう、いいものに違いないんだから。
[PR]
by hu-nyan-0412 | 2011-12-10 14:34 | days

ナイトクルージング

考えると余計に違う世界を感じる、
どこに魅力があるのかとか、ここがいやだとか。

でも全部すっぱ抜くほどの何かがあるから彼はずるい。
[PR]
by hu-nyan-0412 | 2011-12-05 01:11 | days
ウンザウンザ…


あーあ、せっかくうまくいきかけてたのにもっかい振り出しに戻ったかも。
なんとか一緒に生きていく方法はないのかなあ。

頼りたいときがあるのはそんなにいけないことかなあ、泣きたいときに泣いちゃうのはそんなに罪なことかなあ。
それを許してくれる人はきっとたくさんいるんだと、ちゃんとわかってる。
でも、それでもそれを許さない彼が好きで仕方ない。
好きとか、恋愛って、こんなに難しい感情だったっけ?ってたまに思う。
昔はきっともっと単純で楽しいことのほうが多かった。
年をとるって損なことが多い、でもそれをぶち破るくらいの達成感がごくまれにあるからやめられない。

どんなに厳しくても、彼は前を向いてるから。自分には甘いかもしれない、でも誰も言ってくれないような厳しいことを言ってくれるから。
誰よりも一番に、誰も言ってくれないような素敵な言葉で誉めてくれるから。

諦めきれないんだよ。

絶対に報われないし、何もかえってはこない、そんな関係かもしれないけれど。
これはわたしのこだわりなんだ。彼を好きでいるというこだわり。

でもほんとうにつらい。
今でも一番近い人なのに、気持ちをぶつけられない。そんなことは許されない。
どうすればいいのかわからない感情がからまって、たまに爆発してしまう。
そしてまた距離ができてしまう。

どう進んだらいいだろう?どれだけ頑張ったら隣で笑うことを許されるのかな。

ほんとうは一緒にいられない、違う世界の人なのかな。
[PR]
by hu-nyan-0412 | 2011-12-02 03:26 | days